「然」展

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さまこんばんは〜。

風邪などひかれていませんか?

そろそろ暖かくなって欲しいですね。

最近春が恋しすぎて暖かいと錯覚、薄着してたら風邪気味のヨシコです。

まだまだwordpressに慣れず更新が遅くてすみません…。

2月はミニ展示に予定外の引越し、

やっと仕事部屋が片付いて一段落です。

背中にある段ボールの山は全く見えませんよ。

気付けば3月、確定申告やら岐阜での講演やら、後半のトドメは幼稚園の春休みです。

ダントツでこれが一番恐ろしいであります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、素敵なって自分たちでも言っちゃう展示、終了しました。

お越し下さった全ての皆さま、ありがとうございました。

いやー楽しかった!

展覧会って準備大変だし、ここだけの話(経費は持ち出しだし)

その都度テーマがあったり妙なプレッシャーもあったりなかったりですが、

今回は今までやりたかった事を思い切ってやらせて頂けて

結果、イメージむくむく、日頃の疲れも吹っ飛ぶ濃密な企画になりました。

例えるならば会場となったカフェMUSEAさんのカレーの様な。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の展示が出来たのはこの方のおかげ。

花屋のPABLOのリョウさんです。

ちなみにかなり重度の花粉症だそう・・・。

奥さんも花粉症だったのでお花屋さんの職業病なんでしょうか。

だったら大変過ぎる〜。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左からMUSEA夫妻、マスク族がPABLO夫妻です。

あっと言う間に決まって、打ち合わせ1回と言う、

完全にぶっつけ本番の展示でしたが、

普段からお花を買いに行った時に、リョウさんと植物についてや作品の話をしていたので

何となく価値観が近そうだぞ、と勝手に思っていて、

だから今回は絶対うまくいくだろうな〜というか、

うまくしてくれるだろうな〜と信頼していたのでした。

MUSEAさんとは初めてお会いしましたが、

「めっちゃいい人達!」とPABLO夫婦から聞いていたので、

じゃ、いい人なんだ!とこれまた信頼してご一緒させて頂きました。

最近、同年代の人たちとお仕事をする機会が増えてきて、嬉しいです。

正直、若い人たちには作品だけで伝わりやすいので楽ですし、

自分たちが伝えたい事に集中出来てありがたいです。

ま、年ではないのかも知れないのですが、

「感性」という意味ではやはり若い人の方が伝わりやすい気がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気まぐれグッズも販売していただきまして、

MUSEAさん、本当にありがとうございました。

今回のような企画は、

普段、ダウン症の人たちと出会うことのないような方達が

コーヒーやカレーや植物を通して

ごくごく自然に作品と出会ってくれる事が嬉しいです。

これはアトリエには出来ないことです。

作品をきっかけに、ほんの少し、ダウン症の人たちの事に

想いを馳せてくださる方がいたら本望です。

さーて、そろそろ寝ます。

あ!今日はおひな様でしたね。

我が家は1歳のマイカがメチャクチャにしそうだったので、

今年はユウタ作のお雛様をマイカの手の届かない下駄箱の上に・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

広告