復活、からの大室さん

ふ〜!やっと全員復活しました。

マイカ(3)のゼロゼロ咳が長引き→寝不足長引き→親子でグロッキーな日々でした。

ゼハー!

亭主、子供は元気で留守が1番であります。

で、実はいま、カフェ案を本気で考え始めていまして。

や、今までも本気で考えていたんですけど状況的に難しく、やっと、やっと動き出し始めました。

チビ達を抱えながら働くには周囲の協力無しには不可であります。我が家はどちらの祖父母も頼れない(意外と思われるでしょうが…そうなんです、近いのに。泣)ので、保育園様とサクマ親父無しには本腰入れて動けません。そんなサクマ親父も東京と志摩を行ったり来たり生活。月半分はワンオペ。一カ月ワンオペとかもある。亭主元気で留守がいいけど子供が小さいうちはいた方が助かるわ、と言うママ友と初めて意見一致であります。

いや、どーすんねん、これ〜。

そんな中、今年私も遂に40歳になるという衝撃の事実。嘘〜!こないだまで中2だったのにー?!(本気でそう思いました…)ひー!このままでは育児と来たるべき親の介護であっという間に80歳やー!と、焦り爆発。

そんな訳で、年末建築家の大室さんにお電話をしました。そうしたら先日お忙しい中、いきなり下見に来て下さいました。

atelier ichiku の大室さんです。

大室さんとは多摩美の芸術人類学研究所 時代からのご縁。数年前に大室さんが三重に移住されて以来、家族ぐるみのお付き合いをさせて頂いています。ちなみに奥さまは彫刻家の中谷ミチコ さんこと、みっちゃん。いつお会いしても可愛いお方です。

「ここ、おもしろいかも。」と言いながら計測する大室さん。

今まで色々ご一緒してきましたが、建築家っぽい場面を初めて拝見してやっぱり大室さんって建築家なんだーと思いながら撮った一枚。

今回大室さんとお話をしながら「建物を作る時には10年先の家族形態や条件をイメージする」「今が全てじゃない」と言う、言われてみれば同然ながらついつい忘れがちな大切なことを教えて頂きました。

これは今、日々の生活、眼先のことでいっぱいいっぱいになっていた私にとって、ふーっと風穴が開いた感覚でした。逆に今の私に出来ることを丁寧に積み重ねていこうと、肩の力が抜けた気がします。

そーんな訳で、ダウン症に関わらず色々な人が気持ちよく集う場になったらいいな、そんな事を思っています。

ではまた!

広告

息子からの手紙

こんばんは〜。

先日、悠太(7)が手紙をくれました。

字が書けるようになってからよく貰っていましたが、

「しごと がんばってね」

と書いてくれたのは初めての事でした。

嬉しい!

私はアトリエの仕事が大好きなので、

ついつい没頭してしまいます。

それを自分で分かっているので、

子ども達が小さいうちは、とセーブして来ました。今も。

我が家は月の半分、サクマが東京に行くのと、実家(アトリエ)は近いのですが両親もやりたい事が沢山ある人たちなので頼れず。

ほぼワンオペです。

そんなわけで、アトリエの保護者の皆さんから、あれをして欲しい、これをして欲しい、と様々なご意見をいただきながら、なかなか取り組めない自分や状況に悶々としたり、イライラしたり。

正直、去年は精神的にキツい時間が長くありました。昨年は悠太が小学校入学、マイカ(3)が保育園に行き始めた事で生活リズムが変わり、今までやりたかったけど何年も我慢していた気持ちがドッと出て来た割には一年生の帰りが早くて「アレ⁈時間全然ないやん!むしろ保育園の方が帰るの遅!」ってなったり。笑

気持ちと時間のバランスを整えるのに、結局春から半年くらい掛かってしまいました。

それでも今はそんな時間を経験出来て良かったと思っています。

寂しがり屋の息子は、いつも私がアトリエの仕事をするとジャマをしに来たり、

「ねぇ、見てー」攻撃をして来ていたのですが、いつの間にかこんなお手紙を書けるようになっていたんだなぁと、今日はジーンと来ちゃいました。

今まで悠太にとってジェラシーだったアトリエのお仕事を応援してくれる事、それが一番嬉しいです。

たまにはお返事書かなきゃなー。

寒い日は

image

いやー寒い。寒いです。

 

でも志摩はピーカン、お天気です。

全国の雪が大変なエリアにお住まいの皆さま大丈夫でしょうか。

雪って本当に大変ですよね、きれいですけどね、

生活の中に雪があるとキレイもへったくれも!という気にも、なりますよね。

こう見えて私も一年だけですが信州で暮らしたことがありまして。

18歳の時に住み込みの実習した先が小谷村って言うところにあったんですが、

そこがびっくりするくらいの豪雪地帯でした。

志摩から行ったら外国です。

何メートルもの雪の壁が(少なくともバスの屋根よりは高いレベル)

ある景色ってなかなかお目にかかるものではなく。

毎日雪かきをしてもしても降ってくる、あの無常感・・・。

雪国の人々を心底尊敬すると同時に、

志摩育ちの私にゃ雪国は無理や〜〜〜と痛感したのでした。

そんな訳で、

今日は志摩もそれなりに寒いので

ジンジャーとシナモンのクッキー焼きました。

田舎なので子供のおやつは買うより作る方が断然早くて、安いです。

 

東京はアトリエの日ですが雪が降っていないようで一安心。

インフルエンザも流行り出したようですので

皆さん気をつけてくださいね。